2018.04.12 Thursday

やっと上陸

0

    ようやく1匹上陸しました。

    長かった…孵化してから約5ヵ月やっとです。

    上陸まで3ヵ月位と思ってたし、餌も十分に与えていた。

    やはり水温が低すぎたんでしょうね。

     

    以後続々上陸…上陸と言っても浮島に上がってる訳でなく

    浮いてるヤツをすくってるだけ(汗)

     

     

    上陸直後はこんな感じなんだぁ〜

    もっと白黒バンドが薄っすら出てか上陸かと思ってましたが

    まったく出てないですね。

    これから徐々に表れて来るんでしょうね。

     

    昨日までで9匹上陸。

    今月中には全部上がって欲しいなぁ。

     

     

    上陸個体たちは物怖じしないで食べてくれると言う情報も聞いて

    いるので安心だ。

     

     

     

     

    2018.04.01 Sunday

    食欲全開

    0

      アカミミさん、こちらもお目覚めの様です。

      冷凍イエコを2匹ずつペロリ!食欲旺盛です。

       

      昨年オス2、メス2で繁殖チャレンジしましたが失敗に終わりました。

      さらに終了間際にオス1匹☆、終了後に拒食になりオス1匹☆…_| ̄|○

      幸いにもメスは無事で元気にしてます。

       

       

      オス自体まだ若かった事と長期間繁殖ケージに入れていたのがマズかっと

      今では思ってます。

      こちらも2年ぐらい入荷が無いし今年は出来ないなぁっと思っていた所

      地元で交流のあるイモリブログの管理人さんからオスを繁殖に使わせて

      もらえる事になりました!!

      何と!飼育7年目?の子だそうです。もう完全に性成熟してますよね。

       

       

      今季、屋外繁殖ケージ1個空室だったんでこれで埋まりました。

       

      今年は、ヤン、マンシャン(今季初)、アカミミです。

      2016年から中国イボ3種づつやってますが毎年

      2種しか成功していない。

      今年はどうなるか?!

       

       

       

       

      2018.03.21 Wednesday

      野外観察

      0

        本日、トウホクサンショウウオの現地観察に行って来ました。

         

        今回案内してくれた方はトンボの愛好家の方で

        会社の仕事で一緒になった事で知り合いになった方です。

        主に昆虫類の調査をお願いしています。

         

        今回の観察地は自宅から車で約45分位、車を降りて数秒の所らしいんですが

        大雪の影響で杉が倒れて通行止めに…

        幸い数分歩けば観察ポイントまで行けたので良かったです。

         

        最初のポイントで成体1匹発見!!

        撮影の為に網でゲットしようとしたが上手く行かず…

         

        そして次のポイントで…おぉぉぉ!!卵嚢発見!!!

         

         

        あちらこちらに卵嚢が!

         

         

        いつもは成体も観察出来るらしいんですが今日は見当たらず。

        卵嚢の側にしばらく成体が居る事があると聞いて棒でつつきながら

        捜索…ん!?居た!

        今度は直接素手確保!オスでした。

        卵嚢発見で興奮しすぎて成体の写真撮るの忘れてしまいました…

         

        今年は大雪の影響でまだ早いようでした。

        車で別の場所も見に行きましたが成体、卵嚢発見できず。

        あるのはアカガエルの大量の卵。

         

         

        トウホクの卵嚢は流れの無いよどんでいる所にありました。

        流れがある所には無かったですね。

         

        肝心の成体の写真を撮るのを忘れると言う失態…また行くかぁ。

        野外観察楽しかったです^^

         

         

         

         

         

         

        2018.03.19 Monday

        春、近し

        0

          マンシャン、オスメスほぼシェルターに籠ってましたが

          気温の上昇と共にモゾモゾ動き出して来ました。

           

          オスは冬場でもハニワをシェルターで出入口付近に置いておくと

          無くなっていたので食べてたみたい。

          こちらも暖かくなって来て餌への反応が激変!目の前にハニワを置いたら

          全頭パックっと食べてくれました。

           

           

          メスは給餌時に顔を出すなどしたので普通にやれてましたが

          食べない時も多かったです。

          メスもオス同様に餌への反応が良い!

           

           

          2016年にオス、2017年にメスを迎えて2018年ようやく

          繁殖にチャレンジ出来ます。

          雌雄とも状態も良さそうなのでしっかり準備して

          行きたい思います。

           

          トレードで来た2016CBたちも元気にしてます。

           

           

          全長は7〜8cmってとこでしょうかね。

          順調に育ってます。

           

          今年はうちのCBがとれたらいいなぁ。

           

           

           

           

           

          2018.03.15 Thursday

          春、近し

          0

            ヤンイボADオス、ほぼシェルターの中に籠りっきり

            だったんですが暖かくなって来たのかウロウロ歩いて

            居る所をよく見る様になりました。

             

             

            ハニワを目の前に置いたらパクっと食べてくれました^^

            2カ月以上殆ど食べて無いのに痩せてないんですよね~…不思議。

             

            冬場、メスもシェルターに籠ってましたが給餌時は顔を出したりして

            しっかりと食べてたのでふっくらとしてます。

             

             

            暖かくなって来て餌への反応がガラッと良くなりました。

            冷凍イエコ2匹食べてもまだ足りないのか?

            雌雄とも状態は良好です。

             

            2016年〜ヤンイボの繁殖にチャレンジしていて

            初年度(2016年)は失敗。

            2年目(2017年)は成功。

            3年目(2018年)はどうでしょうか?!

            繁殖までの過程は昨年と同じスケジュールで行こうと思ってます。

             

            2017CBたち、2匹原因不明で☆ってしまいましたが

            他は元気にしています。

             

             

            キッチンペーパーは卒業して、赤玉とピートモス混ぜの床材にスナゴケシート乗せの

            ケースへ引越ししました。

            一番大きい子は6〜6.5cmってとこでしょうか。

            置き餌中心ですが何匹かはピンセットから食べてくれます。

             

            ベタ馴れ目指して頑張ります!

             

             

             

             

             

             

            2018.02.20 Tuesday

            上陸までまだまだ

            0

              孵化から3カ月、まだ上陸の気配はない。

               

              餌食いは良いんだけどやっぱり水温が低いと成長が遅いですね。

               

              (大体5cm位)

               

              幼生期は割合楽なんですが上陸したら大変そうだなぁ〜

              少頭数づつプラケ管理って言ったって数が多いから

              イボイモリの時みたいにまた修行だぁ。

               

               

              体色も変化無いしもう1ヵ月位掛かりそう。

               

              上陸幼体は何センチ位なんだろう?

              上陸時少しちじむので5センチ前後か。

               

              えーと、全然マーブルとは関係ありませんが最近ツエイモリが気になってます。

              大分価格もマイルドになって来たのでそろそろ行きたいな。

              後、ツエ系じゃないけど今期絶対入れようと思ってる奴がいます。

              まぁ特別珍しくもなくメジャーな種なんですがね…

              楽しみにしてます^^

               

               

               

               

               

              2018.02.19 Monday

              ボスニアアルプスイモリ2017CB

              0

                こちらも昨年、moiさんから卵を頂いて飼育している

                ボスニアアルプスイモリ。

                ベタ馴れでケースを開けると見上げてくれます。

                 

                 

                飼育環境はサメハダと一緒です。

                アルプスイモリは亜種が色々いますがボスニアアルプスはかなり

                レアだと思います。

                 

                 

                こうやって写真だけみるとイモリではなくトカゲみたいですね。

                 

                まだ雌雄判別は出来ていませんが何かメスが多そう。

                全メスだったりして?!

                ピンセットからバクバク食べてくれるし手も掛からないです。

                 

                ADになるまで陸棲で育てます。

                 

                 

                2018.02.07 Wednesday

                サメハダイモリ2017CB

                0

                  昨年、moiさんから頂いたサメハダイモリの卵を育ててようやく

                  ここまで大きくなりました。

                  こちらの寒さにも動じる事無く順調に育ってます。

                   

                  (全長7〜8cmくらい)

                   

                  赤玉に砂苔シート+隠れ家と水場という簡単なレイアウト。

                  割と乾燥気味にしてますがまったく問題なさそうです。

                  餌はレプトミンの置き餌、たまにピンセットからも食べてくれる様になりました。

                   

                   

                  手も掛からないし可愛いのでもっといてもいいかなぁ〜

                  この子たちを大きく育てて殖やしてみたいです。

                  ADの大きさってどの位なんでしょうね?

                  12〜13cmの中型サイズかなって勝手に思ってます。

                   

                   

                   

                   

                  2018.02.06 Tuesday

                  マダライモリ2016CB

                  0

                    マダライモリ2016CB、無加温の飼育部屋でも食欲落ちずに順調に育ってます。

                    飼育部屋も冷え込み数日前は今季最低の8℃を記録。

                    2階が飼育部屋なので以外に低くならない。1階だともっと低くなるんだろうな。

                    マダラは低温・高温にも割と耐久性あるので安心です。

                     

                     

                    種親は繁殖後、陸に上げて暫くしたら全て☆ってしまいました_| ̄|○

                    産れた子は7匹残してて、♂4:♀3っぽいので何とか次に繋げたいです。

                     

                     

                    懇意にしている水草・熱帯魚ショップのウイステリアさんに2016年に

                    殖やした子の一部(マダラ・ミナミ)を同年の12月にお試しで置いてもらったてたんですが

                    先日ようやく全て売れたそうです。(ミナミは1年以上の長期ストック)

                     

                    その間にもファイア基亜種の幼生も置いてもらったり(上陸後に即完売)

                    今は上陸幼体も置いてもらってます。

                    お客さんの反応も上々で購入された方の中には追加で別のショップから

                    マダライモリを買った人もいるそうです。

                     

                    ウイステリアの店長さんも最近イモリに興味が出て来たようです。(特にマダラ)

                    さらに興味を持ってもらいたいのでファイア基亜種(2017年9月産れ)を3匹プレゼントしました。

                    マダラは来年以降頑張ってみるって事にしてます。

                     

                    マダラの繁殖は種親全ロスと言う苦い思いをしているので今年しっかり

                    喰い込ませて繁殖に再挑戦しようと思ってます。

                     

                     

                     

                    2018.01.30 Tuesday

                    ガーン…

                    0

                      はぁ…ガーン!ショックです。

                       

                      プルケリマAD♂×2匹、お星さまに…_| ̄|○

                      今まで冬場は殆ど食べなくても越してたんですが今年は

                      ダメでした…

                      全く食べないなぁ〜しかも痩せて来てるし何かマズいなぁ〜っと思って

                      よーく懐中電灯を当てながら見たら口元に皮膚病らしき物が。

                      テラマイ塗って様子見たが一向に良くならず、強制給餌しても翌日には

                      戻している。

                      口元の皮膚病で強制給餌の際に口を傷つけ更に炎症➡悪化して…

                       

                      残された♀2匹。

                       

                      2015年に2ペア入れて2016と2017と繁殖出来て今年も頑張って

                      貰おうと思ってたが不可能に。

                      しかも入荷自体、2015年を最後にストップ!!

                      現地の取り子がタイーホされたみたいなのでその影響なのかな。

                      今年の中国便に期待するが…

                       

                      2016CB個体。

                       

                      2016CBもADになるまで後最低3年はかかるだろう。

                      ♀はふっくらしていて高調子なだけに非常に残念!!_| ̄|○

                       

                      と言う訳で、プルケリマAD♂を譲って頂ける方を大募集致します。

                      コメント欄に”プルケリマ♂の件”と書き込んで下さい。

                       

                      よろしくお願いしますm(_ _)m

                       

                      そう言えばエンゾーさんのセメノフムジハラファイアサラマンダーCB ML トリオ

                      (価格は応相談、有尾類としては桁外れの高額)売約済になってる!!

                      スギョイ!是非殖やして頂き国内流通して欲しいなぁ。

                       

                       

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM