2019.01.11 Friday

明けましておめでとうございます。

0

    明けましておめでとうございます!!

     

    今年も不定期ではありますがブログを続けて行きますので

    宜しくお願いしますm(_ _)m

     

    昨年、11月中旬〜産れたクレスポイ幼生たち約2ヵ月で

    上陸し始めました。

     

     

    今回の子たちは凄く順調に育って上陸迄早かったと思います。

    上陸後の大変さはこれからですが…

     

     

    すんなりと餌付いて欲しいです。

     

    種親はうちに来て4年目に突入。

    毎年産んでくれるし拒食もナシ!とても安定してます。

     

     

    2016CH、手元に8匹残したんですが今は6匹に…♂4:♀2です。

    ♀1匹だけ異常にデカくなってます。(15cm位)

    これぐらいのサイズになると貫禄が出て来ますね^^

     

    (♀2匹)

     

    こちらは♂、まだまだ小さいですねぇ〜。

     

    (♂4匹)

     

    1ヵ月位前までは、♀1:♂2で一緒に飼育してました。

    ペアリングも何度か確認しました。どうでしょうかねぇ?

     

     

    今までファイアを幼生から基亜種、テレストリス、ガライカ、クレスポイ

    ギグリオリと飼育して来ましたがクレスポイとガライカが一番成長が早く感じます。

     

    クレスポイは縦に長く、ガライカは横に太く。

    基亜種、テレスは成長曲線が緩やかです。

    ギグリオリは上記2種より成長スピードが速い様に感じます。

    餌の頻度にもよるのかもしれませんが急激にデカくなる子っていますね。

    なんでなんだろう?餌は均一に与えているのに…不思議。

     

     

     

     

     

     

    2018.12.30 Sunday

    S.S.bejarae 

    0

      年内最後の更新になります。

       

      S.S.bejarae、グレドスファイアともセントラルスペインファイアとも

      呼ばれるらしいんですが…新規導入です。

      あっ、ちなみにロカマニ(ロカリティマニア)のあの方はベハラエファイアと

      呼ぶと豪語しています(笑)うちではグレドスで。

       

      今回ホントに運よくゲット。

       

       

      ショップさん曰く、2017CBじゃないかって。

      KJさんが1匹購入後だったので残り物2匹がうちに。

       

       

      飼育環境は色々悩んだんですがうちでの定番、大磯傾斜敷きと水苔でやる事にしました。

       

      うちに来て3日目に初給餌をしました。

      1匹は活きイトメのせレプトミン、もう1匹はハニワを食べてくれました。

      どの種も入れてから初給餌って緊張するんですよね〜

      無事に食べてくれたので一安心です。

      2回目、3回目の給餌で冷凍イエコをピンセットから食べてくれました。

      冷凍イエコはうちでの主食なので助かりました。

       

      今回のハム便ではリクエストした種は来なかったんですが来年以降も

      お願いするつもりです。

       

      これからもこのブログは続けて行きたいと思ってます。

      ツイッターも来年以降やろうか?とも思っていたりして?

      どうなるでしょうか?

       

      それでは来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

       

       

       

       

      2018.12.26 Wednesday

      感慨深い

      0

        先月でこの趣味を初めて6年目に。

         

        ダニューブ、マダラと入ってファイアサラマンダーの虜に…

        まぁよくある話しです。

        とにかくテレストリスの繁殖に成功させたくてADを導入したかったんですが

        当時は入荷が無く2014年10月P店でテレスEUCBベビーを5匹GET。

        結構クオリティも高く一部個体は”黄色の鬼みだれ”何て書いてあった記憶が。

         

         

        5匹の内、2匹は昨年☆にしてしまいました。

        残った3匹は、♂2♀1でした。

        上の画像の2匹は♂です。

         

        こちらは♀。

         

         

        結構黄色がランダムに乱れてます。

        なんちゃってエクストリームイエローってとこでしょうか?

         

        数か月前に繁殖行動を確認していて♀のお腹がぷっくりして来たので

        別にして飼育していました。

         

         

        1匹目は死産でしたがその後3匹産みました!!

        まだとてもADと呼べるサイズではなかったんですが

        産まれた幼生は小さくなくいつものサイズでした。

         

         

        活きイトメもパクパク食べてます。

        そうそう、活きイトメも1か月半ぶりにやっと入荷したんです。助かった。

         

        テレス繁殖を目標にベビーから育てて4年2か月、やっとです。

        その間AD導入機会にも恵まれ繁殖自体はもっと早く出来てたんですが

        この子たちを殖やせた事は今までとは一味違いますね。

         

         

        まだお腹が膨らんでるので後、2〜3匹は入ってるなか?

        このまま無事に乗り切って欲しいです。

         

        現在、2015ハム便で入れたADの子たちとSollingテレス♀2匹の子たち

        そして今回の子たちをキープに入れると一体何匹になるんだぁ?

        来年早々にも産んでくれそうな♀も2匹いるので産んだら今季は

        豊作になりそうです。

        ファイアの繁殖について、試行錯誤の末うちの飼育環境での感覚は

        掴めてコンスタントに産ませる事が出来て大満足です。

         

        来年以降はテレストリスレッドを何とかして殖やしたいですね!!

         

         

         

        2018.12.24 Monday

        エキゾ病院へ

        0

          ギグリヤング、幼生から飼育して約丸2年。

          順調に育ってたんですが…先日皮膚の異変に気付きエキゾ病院へ。

          3日に1回の餌やり時に発見。

           

          (皮膚病になる一ヶ月前の様子)

           

          同じケースに3匹飼育してて2匹の異変に気付き即個別飼育へ。

           

           

          最初の画像の真ん中の子と上の画像の右の子は異変発見時に餌食べて

          くれたので一安心だったんですが…

           

          エキゾに行く前にマンシャン♀も腕の肘が解けてるのに気付いて

          一緒に連れて行きました。

           

           

           

          前にも何回か行ってるんですが犬猫じゃあるまいし同じ子を連れて行くって

          事って殆ど無いと思うんだよねー、だから毎回初診料取られるのってイタイ。

           

          ギグリはいつものお薬が処方されて、マンシャンは抗生物質入りお注射を

          お腹へ注入しました。塗り薬は処方されず今塗ってるので良いって事に。

           

          マンシャンは脇腹も溶けだして重症化…_| ̄|○

           

           

          ギグリも…餌を食べてた子の内1匹も程なく食べなくなって治療の甲斐なく

          1週間持たずに2匹☆になってしまいました。

           

          もう1匹は餌も食べてて治療の甲斐あって皮膚も綺麗になって来てます。

           

          (薬用浴の様子)

           

          昨日の薬浴で大分綺麗になりました!!

          餌もハニーワーム食べてるのでふっくらして来ました^^

           

           

          白っぽくなってる部分が皮膚病に犯された所。

          数か月かけて元の黄色になって行きます。

           

          マンシャンは…_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

           

          ふぅ~ダメでしたねイボ系は溶けだすとほぼ☆になる。

          気温が低くなるこの時期、去年もプルケリマ、アメイロが犠牲に。

          もうこの時期がホントに怖い。繁殖に使った子が結構やられてるなぁ。

          冬季になるとイボ系は餌を食べなくなる。

          日々の餌への反応を見て体調の変化を判断しているのでこの時期は

          本当に不安。食べてなくて痩せないのが殆ど何だけど中には

          痩せてくる子っているんだよね。

           

          ファイア皮膚病、正直キツイよ。

          餌食べない子はほぼ助けられない、ギグリ、テンディの皮膚病は他の

          ファイアとは異質に思える。

          ファイア系のヤング未満の子たちが皮膚病になるとかなり厳しい。

          ADなら最初食べなくても治療するうちに復活もあるんだけど。

          今回ギグリが助かったのは奇跡だと思っている。

          ファイアも餌のへ反応、反応が無い時は体にライトを照らして

          皮膚の状態を見て判断している。

          もう新規導入でギグリは暫く考えられない。

          この子がADになったら相方を入れる気になるかな?

           

          秋にペアリング、出産したテレスとクレスポイの種親たちは元気です。

          お腹が大きくなって来たメスもいるので順調そうです。

           

           

           

          2018.12.23 Sunday

          遂に来たぁ〜

          0

            クロカタスツエイモリ!!

            うちにもようやくツエイモリが来ました。(もう大分前からいたんですが…)

            しかも国内CB!!凄すぎますよね〜

             

            幼生から飼育して何とかノーミスで上陸迄いけました。

             

             

            上陸後どの様な環境で飼育したらいいかずぅーっと悩んでます。

            取りあえず今は、プラケに水ゴケで飼育してます。

             

            一部はピンセットからレプトミン食べてくれる様になってたんですが

            ここ最近食べなくなってしまいました。

            今は置き餌でやってます。

             

            それから以外に成長が早くて驚きました。

            マダラの様に3年ぐらいで繁殖って行けちゃうのかな。

            もうかなり大きく育ってます。

             

            1匹だけ背曲がり個体がいます。

             

             

            上陸時はこんなんじゃなかった気がしますが…原因不明。

             

            それからまたチョッとトレードのお願いが…

            マダライモリ♂が欲しいです。2016CB以前が希望。

            2017CB以降だとまだ雌雄が怪しいのでNGです。

            今季〜2019春は繁殖には使いません。

            コメ欄にトレ希望と入れて下さい。

            こちらから出せるのがクレスポイ2018CBです。

             

            よろしくお願いします。

             

             

             

            2018.12.11 Tuesday

            水温

            0

              マーブル卵、11月下旬に全て孵化しました。

               

              昨年も同じ時期に孵化して上陸迄約5ヵ月要しました。

              無加温だと上陸迄時間掛かり過ぎです。

              今年は多少水温上げてみようか思案中。

               

               

              後、半分近く懇意にしている地元のショップ(ウイステリアさん)に

              預けてて先日見て来ました。

               

               

              うちの子たちに比べて随分大きく育ってました。ビックリ!!

              ショップ内も暖かく水温も高いので成長具合が全然違う。

              こりゃ1月中には上陸するな、きっと。

               

              うちのは餌だけ食べてちっとも大きくならない。

              温度差があるとここまで違いが出るとは…

              それに今餌問題が勃発していて、こちらのショップでいつも

              活きイトメ購入してるんですが暫く入荷がストップしてるんです。

              クレスポ幼生は冷凍アカムシ食べるんですがテレス幼生がイマイチ。

              マーブルもそろそろイトメに切り替えたい所なんで早く入荷して欲しい。

              〇ャームで1度だけ買った事あるんですが翌日には溶けて異臭を放ってました。

               

              2017CBたちは元気いっぱいです。

               

               

              物怖じせずガンガン来ます。

              餌やりも数秒で完了です。楽チンです。

               

               

              2018.12.07 Friday

              あららららぁ〜

              0

                前回の投稿から3ヵ月、持腹疑惑のティンギタナ特に変化無しです。

                 

                10月撮影時

                 

                 

                ナスみたいにパンパンだったんですが何か最近スリムになった様な気が…

                 

                現在

                 

                 

                しょぼーん…こりゃもう居ないなってレヴェルだな

                 

                餌はいつも通りバクバク食べてて量も少なくしてないんだけど。

                あのパンパンぶりはどこえやら。

                 

                このティンギタナ、セウータ半島産の産地インフォ付でロカリティマニアの

                KJさん調べによるとセウータ半島産は北部個体群になる様で幼生と幼体どちらも

                産む性質があるそうな。

                ここからは良い様に想像しますが、お腹に幼生が沢山いて共喰いにより数が

                減少してスリムになったんじゃないか?(超前向き)

                産れる時は幼体で数が極端に少ないんじゃないかなぁ〜と。

                まさか美味しく頂いちゃったって(消化したって)事はないでしょー!?

                現時点で中に居るとは思えないほどの体型になっちゃってますが(汗)ふぅー。

                 

                moiさんから聞いた話だと出産まで期間が長いみたいなので気長に

                待ちたいと思います。(居ればね)

                持腹じゃなかったら…チーンです。

                お迎えした年にはペアリングはしません。

                 

                ♂はホントに細くてふっくらして欲しいので結構食べさせているんですが

                まったく変わらないですねぇ〜。

                 

                 

                餌は週2回、1回につき冷凍イエコL2〜3匹orハニワL2匹やってます。

                 

                 

                もう12月、今年最後のドイツハムショー今週末開催でしたっけ?

                でも、有尾類のハムショー出品はNGになってしまったので

                どうなるんでしょう?

                一応リクエストはしましたが…来たらいいなぁ。

                 

                 

                2018.12.03 Monday

                予定外

                0

                  んーーー予定外ですね〜。

                   

                  10月からペアリングを始めて2ヵ月もう落ち着いているんですが

                  まさかの出産がありました。

                  11/13もう1匹のSolling♀が1匹産んだんです。

                   

                   

                  スティッキリー♂と掛けた別のSolling♀は無精卵大量放出でジ・エンド(多分)

                  期待のSollingが中々上手くいかんです。

                   

                   

                  で、こちらのお相手の♂はこちら。

                  2015年6月のドイツ便でP店からのゲト個体です。

                   

                   

                  チョッと変わった柄のテレストリスです。

                  hispanicaではなく昨年出回ったエクストリームの

                  黄色少な目版っぽいです。

                   

                  その後、無精卵数個と11/20にもう1匹(後足1本無い奇形)

                  11/27に2匹(内1匹奇形)、12/1に1匹+無精卵が数個…_| ̄|○

                  今の所、5匹(内2匹奇形)

                   

                   

                  結局今回の出産はいつ掛けた物の子なのか?

                  今年掛けた子では無い、1ヵ月半で受精して3cmの幼生はあり得ない。

                  ♀は2016年6月に来て2017年2月持腹出産。(50以上)

                  2017年10月に掛けて以後産まず1年以上経過して5匹出産。(今回、内2匹奇形)

                   

                  以上の事から考察すると持腹の産み残しは考え難いので

                  昨年掛けたヤツの子じゃないかなぁ?

                  であればこれからもっと産むと思うんだけど。

                   

                  若干お腹が大きい様な気もする。(ひいき目)

                   

                   

                  出産を控えている♀は物陰に隠れているよりも

                  割とコルク樹皮の上にドッシリジーッとしている事が

                  多い様に思う。(今もそんな感じ)

                  今後に期待したい。

                   

                  ノーマル2匹は掛かっていれば昨年同様に来年1月ぐらいでしょう。

                  無事に産れます様に。

                   

                   

                  2018.11.29 Thursday

                  予定通り

                  0

                    クレスポイ、予定通り産み始めました!

                     

                    そろそろだと思ったので11/12に大型ケースに移動。

                     

                     

                    翌日、確認したら産んでました!!

                    今年はどれ位産むかなぁ〜昨年は9匹だったので20位は産むと

                    思ってます。

                    や〜毎年幼生見ないと何か落ち着かない…。

                    産むとお世話とか大変なんですがいないとそれはそれで寂しい。

                    パトさん曰く”病気”だって(キャー)

                     

                    このペアは昨年からズ〜っと一緒に飼育してます。

                    クーリッジ効果を発動させなくても行けると思っていたので。

                     

                     

                    出産開始から17日、初日3匹〜ポツポツ産んで予測した数超えました。

                    特に奇形出産もなく全頭バッチリです。

                     

                     

                    最後の出産から1週間、変化なしなのでもう打ち止めでしょう。

                    出産期間中もお構いなしにガッツリ繁殖行動してて水場に幼生が

                    居るのにバチャバチャやるもんだから幼生が心配になりました。

                    特に問題なかったので一安心です。

                     

                    大仕事を終えた♀。

                    いやぁ〜大分ホッソリしたなー。

                     

                     

                    暫くは高カロリーの物を与えて注意深く見守ろうと思います。

                     

                    とんぶりが終わり幼体飼育から解放されたんですが

                    幼生飼育が始まりました(汗)

                    まぁ毎年の事なんで楽しみではあるんですがね。(病気ですから)

                     

                    有尾(ファイア)を始めた頃はベビーから育てて5年でアダルトに

                    なるって聞いてたけどホントかなぁ〜って思う。

                    もう少しで丸3年になるクレスポイがいるんですが

                    全然ADサイズには程遠いですね。

                    うちでの餌やりの頻度にもよるのかもしれないけど…

                    自然下の方が外敵も多いので成長早いのかもね。

                     

                    ガラッと話は変わりますが、昨日仕事で燕市(市役所)に行ってきました。

                    そうです!下町ロケットのロケ地なんです。

                    私も毎週楽しみにしてます。

                    市役所内で大々的に宣伝してましたね。

                    何と私の友人がエキストラで出るそうなんです!(帝国重工社員)

                    12/2or12/9の放送分らしい。

                    また一つ楽しみが増えました。

                     

                     

                    2018.11.18 Sunday

                    飼育方法(マンシャン)

                    0

                      2018とんぶり市で有尾屋本舗からマンシャンイボイモリ2018CBを

                      ご購入された方、参考までにうちでの飼育方法をご紹介いたします。

                       

                      うちではこんな感じで飼育してます。

                       

                       

                      床材:キッチンペーパーに霧吹き、活きイトメの置き餌です。

                      床材は汚れたら全替え(2〜3日サイクル)

                      乾燥が怖い場合は、一部水ゴケ置いてもOK。

                      動かないし臆病なので暗くならないと活発に動かないです。

                      万全を期すなら植木鉢のカケラ(シェルター)を設置して

                      その出入り口に置き餌を設置すればいいと思います。

                       

                      こちらも参考にして下さい。↓

                      http://imosyan.zoku-sei.com/Category/25/

                       

                      イトメが無くなっているのが確認出来たら徐々に

                      極小カットしたレプトミンの上にイトメを置いて下さい。

                      イトメごと食べる様に仕向けます。

                      順調に育てば来春にはピンセットからレプトミンを

                      食べる様になると思います。

                      うちでは時間が取れないので置き餌にしていますが

                      今の内からピンセットでイトメ、レプトミンを試しても良いと思います。

                      ピンセットからレプトミンを食べだしたと言う方もいる様です。

                       

                      後、冬場の低温には気を付けて下さい。

                      20℃下回ると餌食い落ちます。ベビー時は特に弱いので危険です。

                       

                      マンシャンイボイモリ2017CB。

                       

                       

                      キッチンペーパーは卒業です。

                      ピンセットから食べたり食べなかったり…

                      この時期危険なのが脱皮不全。

                      後足〜尻尾辺りで皮が抜けきれずいつまでも残っていると白いカビが

                      生える場合があります。

                      炭化コルク等の障害物を置くとそこに擦りつけて脱皮を上手く行くように

                      させる効果があると思います。

                      後足に引っかかっている場合はコチラで脱がしますが…

                      他には小プラケに浅く水を張って一晩入れて置けばふやけて

                      脱げてると思います。水深には十分注意して下さい。

                       

                      種親たち

                       

                      (♀)

                       

                      餌食いがぐぅ〜んと落ちました。

                      食べなくても痩せて来なければ問題ナッシングです。

                      イボの棚は工夫して少しでも保温出来る様にしたいと思ってます。

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM